駅のポスター広告を制作する時のポイント

駅のポスター広告デザイン2ポスターデザインは貼り出す場所によって、変更する必要があります。駅に貼る場合は止まって見てくれないので、できるだけ情報は少なくインパクトのある広告を製作する必要があります。

ポスターデザインの色は背景と違う色に

その為には人の目を惹きやすい色使いを選ぶ事が大切です。駅には様々駅がありますが、電車に乗ったままでポスターを見ると風景と重なってしまうので、目に留まらない事が多いです。色使いを駅とは対照的な物にする事で、風景と重ならない魅力あるポスターに仕上げる事が出来ます。またポスターの内容も文字で表しても止まって見てくれないので、限界があります。文章で表すのではなく、キャッチコピーの様な単語を使って表現すると視界に入る時間が少なくても印象的なので、覚えてくれやすいです。この為、情報は少なくしつつ大きな文字で記憶に残る広告作りをする事が大切です。

他にもポスターデザインは拘りを持って作る必要があります。デザインの良し悪しで見てくれる可能性も上がりますので、どこにでもある様な既存のデザインを採用するのではなく、その駅にしか無いような個性的なポスターデザインを行う事が大切です。ポスターデザインには親しみやすい様にオリジナルキャラクターの製作をしたり、動物などのキャラクターを加えると人の目に留まり易くなります。自分が興味が無いポスターデザインであれば、止まって見てくれる事はありませんので、ターゲットの気持ちをよく理解したポスターデザインをする様にして下さい。

ポスターの情報は少なめに

情報量は少なくてよい分、ポスターデザインには力を入れる事ができるはずです。斬新なデザインであれば有るほど、話題にもなります。話題になると駅の名物として見てもらえる様になる可能性も出来てきます。

キャラクターや背景にも拘って緻密なポスターデザインをする事が出来るとそれまでは興味の無かったターゲット層にも見てもらえる機会が増えますので、ポスターの効果がより大きくなります。特に駅では様々な年代の方がポスターを見るので、万人受けする物を製作する様に心がけて下さい。